ほたる日和

 

2006年12月に東京にて結成。
Vo.早川の澄んだ歌声と、キャッチーでいて哀愁も感じる抜群のメロディーが特徴的。
都内を中心とした精力的なライブ活動で結成当初から注目される。

インディーズデビュー作『カラフル』に収録の「セピアフィッシュ」がテレビ東京系列の深夜番組「給与明細」のエンディングテーマに起用。
続く08年8月発売のミニアルバム『ノスタルジック』の収録曲「リンゴアメ」は各媒体より"和ロックの完成形"と称され、NHK-FM「ミュージック・スクエア」の8/9月度エンディングテーマに起用、幅広いリスナーに認知されていく。

また09年11月に発売されたシングル「季節はずっと」が、SUZUKIパレットのTV CMに起用され、話題となり「めざましテレビ」でも取り上げられる。
「季節はずっと」はオリコンインディーズチャート最高2位、着うたは一気に5万ダウンロード(2009年12月時点)を越え、レコチョクTV/CM/映画ランキングチャートで最高1位、総合チャートでも18位を記録した。

2010年2月に1st Album『elementary』をリリース。アルバムならではの幅広い収録内容で、"POPの金字塔"とも言うべき作品を完成させる。そして渋谷BOXXで行った東京初となるワンマンライブも大盛況で終える。

更にバンドの勢いは加速し、4月には「Rainbow line」が山形県さくらんぼテレビの2010年度イメージソングとして起用。
6月には「みらい小説」が日本テレビ系全国ネット「ズームイン!!SUPER」/「ズームインサタデー」の夏のテーマ曲に決定。
そして8月11日に6songs Album「みらい小説e.p.」をFar Eastern Tribe Records/ユニバーサルミュージックより発売。「流星のとき」が、北海道都市間高速バス"RAKU TOKU BUS13"のCMソングに起用、さらにSUZUKIパレットのCMも春と夏にそれぞれのバージョンで引き続きOAされるなど、異例の快挙を成す。
11月には北海道音更町文化センター大ホールにて、ほたる日和LIVE!! in十勝「みらい小説e.p.」RELEASE TOUR追加公演ワンマンライブを行い大盛況の内にツアーを終える。
2011年1月には2nd EP「東京組曲e.p.」をリリース。
「東京組曲」は、ほたる日和が持っている幅広い世代への楽曲訴求力が評価されTBS系全国ネット「世界ふしぎ発見!」のエンディングテーマに決定。
また1月度のoricon power nextにも決定。同時に新人としても高い評価を受けた。メジャーからのリリースを達成した2010年度は、ライブ活動にもより重点を置き、年間60本以上のステージを行った。

そして、2011年にはファーストシングルとなる「さよならマーガレット」を5月4日にリリース。
9月発売のセカンドシングル「雪虫~ふたりの約束~」はTBS系テレビ全国ネット「CDTV」9月度エンディングテーマとしてオンエアされるなど音楽シーンで注目を浴びる。
2011年11月2日にはメジャー・ファーストアルバム「センチメンタルマインド」をリリース。
11月13日の山形公演を皮切りに全国五カ所でワンマンツアーが開催。

Prague

 

関東出身のスリーピースバンド。
同じ高校で三年間同じクラスだったギター/ボーカ ルの鈴木雄太とドラムス伊東賢佑 の二人が、同じ音楽専門学校に進み、2006年に金野倫仁と出会って結成。自主制作盤を2枚出したところでソニー・ミュージックの目にと
まり、2009年9月9日シングル「Slow Down」で キューン・レコー ドよりデビュー。その後、シングル2枚、そして2010年7月には1stアルバム 「Perspective」を発表。その卓越した音楽性と演
奏力で高い評価を得る。2011年5月に初のミニアルバム「花束」をリリース、7月には2度目となるテレビ東京系アニメ「銀魂」エンディングテーマ「バランスドール」をリリース。

 

 

jimmyhat

 

「人を鳴らす音」
その意志を提唱し続けながら、
あらゆる境界線をボーダレスに「唄い」「奏で」「刻む」4ピースバンド。
心が生み出す、日々のカタチナキモノを、その熱量によって確かな輪郭へと形づくり
様々な色に染め上げていく楽曲は、あなたに新しい景色を見せてくれる。 

Amicable Number

 

2011年より活動開始。
バンド名の由来は、友愛数という 意味から取れるように、
このメンバーでしかできない特別な音楽を創り上げるという意味でつけられた。
2011.05.13初ライブ@心斎橋JANUSにて1stDEMO発表
Vocal&Guitar : 長谷川 政史 (HASEGAWA MASASHI)
Vocal&Guitar : 桑田 健吾 (KUWATA KENGO)
Bass : 横田 匡郎 (YOKOTA KUNIO)
Drums&chorus : 内藤 皓介 (NAITOU KOUSUKE)

mol-74

 

 

朝の静まり返る都会、
梅雨時の青時雨、
啓蟄に芽吹き、溢れる萌黄色、

そんな其処に存在している風景と感情を旋律と言葉で紡ぐ絵画的な楽曲が特徴。

音画とロック、ポップの融合により生み出されるmol-74が描く風景描写は
誰の記憶にもある「いつか」への郷愁を誘い出す。